従業員として勤務しつつ、自営業を営む場合の雇用保険

令和3年1月1日以降、従業員の方が自営業を営んでいる場合等(※1)であっても、労働条件が雇用保険適用要件(※2)を満たしている場合は、従業員としての収入と自営業等による収入のどちらが多いかに関わりなく、雇用保険被保険者資格取得届の提出が必要になる旨の通知がありました。

(※1)自営業を営む場合のほか、他の事業主の下で委任関係に基づきその事務を処理する場合(雇用関係にない法人の役員等である場合)を含みます。
(※2)1週間の所定労働時間が20時間以上であり、かつ、31日以上の雇用の見込みがあること。

(関連リンク)
制度説明リーフレット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です